2012.07.04

日本、最新FIFAランクで20位とアジアトップを維持…豪が23位、韓国28位

 FIFA(国際サッカー連盟)は4日、最新のFIFAランキングを発表した。

 日本は前回から3ランクアップの20位で、アジアトップを維持した。ブラジル・ワールドカップへの出場権を懸けたアジア最終予選で日本と同組のオーストラリアが、順位を1個上げて23位とアジア2位で続いた。

 アジア最終予選で同組の他国では、オマーンが96位でヨルダンは84位。イラクが81位となった。また、韓国が前回から7ランク上げ、28位でアジア3位に入っている。

 なお、上位陣はユーロ2012で史上初の大会連覇を成し遂げたスペインが、1位を維持。2位に1ランクアップでドイツ、3位には1ランクダウンのウルグアイが南米トップで入った。

 ユーロ2012で準優勝だったイタリアは、6ランク上昇で6位。アフリカは、16位のコートジボワールが前回に続いてトップに立っている。

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る