FOLLOW US

大勝のC大阪と仙台が8強入り…前節首位の磐田は敗退/ナビスコ杯

 ナビスコカップのグループリーグ最終節が、27日に各地で行われた。

 予選のAグループで3位の仙台は、ホームで首位を走る磐田と対戦。22分に太田吉彰の得点で先制すると、後半にも3ゴールを奪い、4-0で圧勝した。また同グループで2位だったC大阪は、柿谷曜一朗の2得点などで、ホームで鳥栖に5-0と大勝した。

 この結果、勝ち点12でC大阪、仙台、磐田の3チームが並んだが、得失点差により1位がC大阪、2位に仙台が入り、準々決勝に進出。磐田は3位に転落して、敗退が決まった。

 なお、Bグループでは既に準々決勝進出を決めていた鹿島と清水が対戦。大迫勇也の2得点で、鹿島が2-1で競り勝った。なお、両チームは勝ち点15で並んだが、得失点差で清水が1位突破を決めた。

[写真]=白井誠二


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO