FOLLOW US

U-23日本代表候補の清武ら、アントニオ猪木氏から“闘魂注入”…C大阪連敗脱出へ

 C大阪に所属するU−23日本代表候補の清武弘嗣、扇原貴宏、山口螢らが、南津守練習場を訪問したアントニオ猪木氏から“闘魂注入”を受けた。

 清武はニュルンベルクへの移籍が決まっているため、C大阪の選手としては27日に行われるナビスコカップの鳥栖戦、30日のリーグ浦和戦の2試合を残すのみとなった。

 清武はユニフォームやタオルマフラーを猪木氏に手渡し、代わりに「闘魂注入タオル」を受け取った。

 その後、茂庭照幸も加わり、猪木氏お決まりの「1、2、3、ダー!」を行い、顔面へのビンタを受け、公式戦3連敗中の状況を打破するために、気合を注入した。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO