2012.06.21

古巣凱旋の香川が原点回帰「いかに夢を持って頑張れるかが大事」

 マンチェスター・Uへの移籍で合意に達している日本代表MF香川真司が20日、仙台市内で行われた「アディダス特別課外授業『all in lesson すべてをかける情熱を学べ。』」に特別講師として参加した。

 香川は今回、自身が所属していた古巣のFCみやぎバルセロナを訪問。後輩たちとの質疑応答や練習参加を行った。イベント終了後に、香川は以下のように語った。

―後輩達と一緒に汗を流し、いいリフレッシュになったのでは?
「そうですね。後輩のみんなと触れ合う機会は持てていなかったし、昨年末の仙台でのイベントの時(※クリスマス・チャリティーサッカー2011)にお世話になっていたので、今回は何かをしたかった。短い時間でしたけれどこうやってプレーできて、ユニフォームもプレゼントできたので、後輩がこれで頑張ってく れたらいいと思います。それを感じられた一日になりました」

「こういうイベントはしてみたいと思っていましたし、FCみやぎバルセロナという自分が育ったチームで、去年できなかったぶんも今年できればと思っていました。そのなかでみなさんの協力を得て、こうやって盛大にすることができました。時間的にはみんなと長く触れ合うことはできなかったのですが、こうして少しでも触れ合えたことがよかったと思います」

―ご自身がプレーしていたときと比べ、練習内容や子供たちのレベルに違いはありましたか?
「多少変わっている部分はありましたが、基本的にスタイルは変わっていませんでした。子供たちのレベルは高くなっていると感じました。女の子のレベルも高く、未来のなでしこや日本代表が楽しみに感じています」

―自分の原点となる場所で練習してみての気持ちと、この場所で一緒に練習した子供たちにこう育ってほしいという希望をお願いします。
「短い時間ですが楽しかったし、みなさんも好意的に僕を捉えてくれたと思います。こういう環境で僕も育ってきて、決していい環境とは言えないかもしれませんが、こういうところからでもプロになれるし、海外でプレーできる、日本代表になれる、ビッグクラブに行けるというチャンスがあるということをみんなに感じ取ってほしいです。僕もこういう環境で育ってここまで来ることができたので、サッカーをできる場所は関係ないと思うし、いかに自分が夢を持って頑張るかだと思うので、そのことを伝えられたと思います。後輩たちにはそういう志を持って頑張ってほしいと思います」

―今後もこのような活動を続けていきたいですか?
「そうですね。子供たちと触れ合う機会は僕自身も大好きですし、本当にパワーをもらえる瞬間でもあるので、こういうイベントは継続していきたいです。僕自身、今回は新たなチャレンジをするということで、その前にこういう自分の初心の場所に帰ってこられたということは、本当によかったと思います」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
40pt
FC東京
31pt
川崎F
30pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
44pt
町田
43pt
横浜FC
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る