2012.06.15

比嘉が五輪について意気込み「高徳との差は大きいが、しっかりアピールしたい」

 U-23日本代表の比嘉祐介(横浜FM)が、7月に迫ったロンドン五輪への意気込みを語った。
 
 五輪予選では不動の左サイドバックとして出場権獲得に貢献。14日に発表された代表候補35名の中にも名を連ねた比嘉は、本大会での組み分けについて、「スペインという、とても素晴らしいサッカーをする国と対戦できるのが決まってワクワクする。ただ、スペインと戦うには、まずはしっかり五輪メンバーに入らなければならないので、所属クラブでもしっかり出場機会を得て、アピールしていきたい」とコメント。
 
 18人となる五輪メンバー入りに向けたサバイバルレースについては、「自分の持ち味である1対1の強さだったり、運動量の豊富さについて、もっと質を上げていくこと。それから苦手な部分である、判断力とかボールコントロールを磨いていけば、もっとうまくなれると思っている」と語った。
 
 比嘉が主戦場とする左サイドバックには、現在ドイツのシュトゥットガルトでレギュラーとして活躍する酒井高徳がいる。比嘉は酒井について、「高徳はドイツで試合に出ています。でも自分はマリノスで出場できていない。その差は本当に大きいと思う。ただ、ここで弱気になったら五輪はないと思うので、しっかりクラブでアピールして、五輪に出たい」と言い、ロンドンへの強い思いをにじませた。
 

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る