2012.06.15

グローバルに活躍する川島がイタリア語で回答「高いレベルの国でプレーしたい」

 プロジェクトの発起人でアンバサダーを務める日本代表GKの川島永嗣が登壇。ベルギーでプレーして2年目の川島は、改めて語学の重要性を感じていると明かした。

 世界に挑戦する日本人アスリートを語学面からサポートする「グローバル・アスリート・プロジェクト」の一周年記念 記者会見が15日、東京・六本木で行われた。

「練習や試合などで監督やチームメートとコミュニケーションを取る時に、言葉の持つ力や重要性を改めて感じています。自分が話せることで自信を持ってプレーできるようになり、自分を表現できるようになりました」

 英語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、オランダ語を学んでいるという川島。司会者からイタリア語で「夢は何ですか?」と問われると「たくさんの言語を勉強して、多くの国でプレーしたい。高いレベルの国でプレーしたい」と流暢なイタリア語で返答した。

 グローバル・アスリート・プロジェクトは発足から約1年で112人のアスリートをサポート。活動開始から3年間で、サポートアスリート数300人の達成を目指している。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る