2012.06.14

予備登録発表の原技術委員長「代表の中心となる選手が出てくることを願う」

 日本サッカー協会は14日、ロンドン・オリンピックに臨むU-23日本代表の予備登録メンバー35名を発表した。

 発表されたメンバーには、A代表でも活躍する清武弘嗣や酒井宏樹らが順当に選出。海外組では、大津祐樹や酒井高徳、宇佐美貴史、宮市亮らが招集を受けた。

 なお、注目された香川真司はメンバーから外れている。また23歳以上のオーバーエイジ枠で林彰洋、徳永悠平、吉田麻也の3名が選ばれた。

 発表後、日本サッカー協会の原博実技術委員長がメンバー選考について以下のように語った。

「ザック(ザッケローニ監督)には北京(オリンピック)のメンバーが今の代表の主力になっていることを説明しているし、若い世代が世界大会を経験して欲しいと思っている。北京ではグループリーグ敗退となったが、彼らはその悔しさを胸に海外に出た。今回もこの中から代表の中心となってくれる選手が出てきてくれることを願っている」

「オーバーエイジについては何人か名前があがっていたし、何人かと話をした。しかし、いろいろな要素があるし、ただ入れたからといってチームが強くなるわけではない。行きたいと言ってくれる選手もいたし、自分が行くよりも若い世代の選手を連れて行ったほうが日本の将来のためになるのではと言ってくれる選手もいた」

「選ばれた3人の中には驚いている選手もいた。ただ現場の意向や関塚監督とも話してもらい、了解を得ている」

 なお、最終メンバー18名とバックアップメンバー4名は予備登録メンバーの中から選ばれ、7月2日になでしこジャパンのメンバーとともに発表。オリンピック直前の7月18日にはベラルーシ、21日にメキシコと練習試合を行う。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る