2012.06.13

先制アシストの本田圭佑「雰囲気と戦い方の上手さに後手を踏んだ」/豪州戦

 2014年ブラジルワールドカップ出場権を懸けたアジア最終予選が12日に行われ、日本はアウェーでオーストラリアと対戦し、1-1で引き分けた。

 先制点をアシストした日本代表の本田圭佑は試合後、以下のようにコメントした。

「立ち上がりは向こうの方が入り方は上手かったので、雰囲気と戦い方の上手さに後手を踏んでいた」

「前半の途中から終盤にかけて、僕らもチャンスを作っていた。自分たちのペースでやっていた。蹴ってくることは想定内でしたけど、そのセカンドの対応の早さ、ファーストの競り合いの質は向こうの方が高かった。それでチャンスを2、3回作られていた印象があるので、そこが課題かなと思うけど、そこで失点しな かったのは良かった」

[写真]=兼子愼一郎

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る