FOLLOW US

ドローを悔やむザック監督「追いつかれたのは心残り」/豪州戦

 2014年ブラジルワールドカップ出場権を懸けたアジア最終予選が12日に行われ、日本はアウェーでオーストラリアと対戦し、1-1で引き分けた。

 日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は試合後、以下のようにコメントした。

「審判のジャッジについて語るのは好きではない。(PKの場面は)しっかり見ていないので、PKがあったかどうか分からない」

「常に勝つために戦っている。(3試合で)勝ち点9を取ることを望んでいた。近くまでいったが、またCKからPKをとられて失点した。勝ち点7は普通の出来だと思う。

「我々はグループリーグの1位候補のホームで戦った。勝ち点1をポジティブにとらえることもできる。ただ、先制したので、追いつかれたのは心残りだ」

[写真]=兼子愼一郎

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO