2012.06.12

ザッケローニ監督「日本代表は堂々と戦ってくれた」/豪州戦

 2014年ブラジルワールドカップ出場権を懸けたアジア最終予選が12日に行われ、日本はアウェーでオーストラリアと対戦し、1-1で引き分けた。

 以下、日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督のコメント。

「オーストラリア代表はこの試合に勝たなければならない中で、彼らの特徴である高さやフィジカル経験、マリーシアを多用してきたが、日本代表も負けずに体をぶつけてくれた」

「スタート直後から難しい時間が続いたが、だんだんと主導権を握ってプレーできた。オーストラリアはフィジカルを押し出すためにロングボールとリスタートを使ってきた」

「最終予選初失点はPKからだったが、日本代表はこういった環境の中でも堂々と戦ってくれた」

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る