2012.06.12

日本代表、激戦の豪州戦で引き分け…最終予選3連戦を終え2勝1分けで首位

 日本代表は12日、ブラジル・ワールドカップへの出場権を懸けたアジア最終予選でオーストラリアと対戦し1−1で引き分けた。

 序盤からフィジカルを生かして空中戦を仕掛けてくるオーストラリアに、日本は苦戦を強いられた。しかし、栗原勇蔵らが体を張った守備で跳ね返し、徐々にペースを引き寄せる。

 香川真司がゴール前でアクセント役となり、内田篤人や長友佑都らの決定機を演出。得点にこそ結びつかなかったものの、自分たちのリズムを作って後半を迎える。

 すると56分、マーク・ミリガンが2枚目のイエローカードを受けて退場に。日本は数的有利な立場となる。そして、65分、CKから本田圭佑が右サイドを切り崩し、ラストパスを送ると、栗原が詰めて日本が待望の先制点を奪取した。

 しかし70分、日本は自陣でPKを与えてしまうと、ルーク・ウィルクシャーに決められてしまい、同点に追いつかれる。日本はその後、決定的なチャンスを作ったが、栗原が2枚目のイエローカードを受けて退場に。ピンチを迎えたが、なんとか失点を防いで1−1の引き分けに終わった。

 日本は6月の3連戦でオマーン、ヨルダンに勝利し、オーストラリアに引き分け。2勝1分けで乗り切り、ワールドカップ出場権獲得へ前進している。

[写真]=Getty Images

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る