FOLLOW US

B組で清水、鹿島の決勝T進出が決定…A組は混戦で最終節へ/ナビスコ杯

 Jリーグ・ヤマザキナビスコカップ第6節が9日に各地で行われた。

 大宮をホームに迎えた予選Bグループの清水は、前半に先制を許したが、41分に平岡康裕が同点ゴールを奪取。後半に入ると72分に大前元紀、88分に白崎凌兵が得点し、3-1の逆転勝ちに成功した。無傷の5連勝で勝ち点15の清水は、1試合を残して決勝トーナメント進出を決めた。

 また、同グループでは、3位の新潟が横浜Mと0-0で引き分けた。この結果、新潟は勝ち点7となったため、今節試合のなかった勝ち点12の鹿島の予選リーグ突破が決まった。

 予選Aグループでは、磐田が山崎亮平の得点を守りきり、1-0で完封勝利。グループ首位に浮上した。同グループでは、勝ち点12の磐田をC大阪、仙台、鳥栖が勝ち点9で追走。グループリーグ突破は、上位4チームに絞られた。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO