2012.06.09

日本代表ファンが選ぶヨルダン戦MOMは本田圭佑「圧倒的な存在感」

『SOCCER KING』では、8日に行われたブラジル・ワールドカップ出場権を懸けたアジア最終予選第2戦のヨルダン戦後、ユーザーを対象にアンケートを実施。6-0で大勝した同試合のマン・オブ・ザ・マッチを選出してもらい、9日の15時までに 800人から回答を得た。

 最多得票を集めたのは、代表初となるハットトリックを達成するなど4得点に絡んだ本田圭佑。総投票数の半数以上を占める423票を集めた同選手に対しては、「圧倒的な存在感だった」「このまま活躍してビッグクラブへ」といったファンからのコメントが寄せられている。

 本田に続いて票を集めたのは、本田のゴールをアシストするなど、長短のパスで試合を組み立てた遠藤保仁。「前線への素晴らしいパスが何本もあった」「縁の下の力持ち」など、攻撃陣を巧みに操ったプレーが評価されている。

■日本代表、ヨルダン戦のMOMを選ぼう! (800人中、9日15時時点)
1位 本田圭佑 423票
2位 遠藤保仁 192票
3位 前田遼一 81票


[写真]=山口剛生

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る