2012.06.08

主将の長谷部誠「日本中がひとつとなって戦っている」/ヨルダン戦

 2014年ブラジル・ワールドカップ出場権を懸けたアジア最終予選第2戦が行われ、日本はホームでヨルダンと対戦し、6-0で勝利を収めた。

 日本代表主将の長谷部誠は、試合後に以下のように語った。

「前の試合同様にいい時間帯に点が取れたので、自分たちのペースでゲームを運べたと思います」

「(オマーン戦からの修正は)今日できたかと言われれば、そうではないですけど。もう少しパスをつないでいるときにどこでテンポアップするかという、そういうスピードの変化というのをもうちょっとつけたいかなと思います」

「後半なんかはちょっとペースダウンしてしまいましたし。ホームでこれだけのサポーターの方が来てくれたら、もっともっと魅せなくてはいけないなと思いますけど」

「(ホーム2連戦について)たくさん点も取れたし。あまり目立たないかもしれないですけど、守備の部分でもディフェンス陣はよく頑張ってくれていますし。チームとしてすごくいい状態だと思います」

「3日の試合(オマーン戦)と今日と、スタジアムも素晴らしい雰囲気で。そしてたくさんの方がテレビの前で見てくれて、日本中がひとつとなって戦っているなというのをすごく感じますし。まだあと1年ぐらいありますけれど、最終予選をともに戦っていきたいと思います」

[写真]=山口剛生

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る