2012.06.08

ザックが本田と香川の共存に太鼓判「2人は非常にいい関係」

 日本代表は7日、ブラジル・ワールドカップへの出場権を懸けたアジア最終予選のヨルダン戦(8日)に向けて、さいたま市内で調整を行った。

 日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は、ヨルダン戦の前日会見に出席して、本田圭佑と香川真司の関係性について語った。

「ご存じのように私は日本語をなかなか理解できないので、2人がどんなことを言ったのかわからないが、見ている限りは良好な関係だと思っている。試合の前、試合中、ハーフタイムで何か励まし合っているということであれば、非常にいい関係と言えるのではないか。選手はピッチでの各々の役割というものを理解しているので、それを確認したのではないか。香川については、この間の試合でひとついいアシストをした。いいタイミングで進入して、内田篤人からのボールを受けてシュートまで行った。あとで(ビデオを)見返したが、いずれもオフサイドではなかった。今プレーしているように、時にアシストしたり、時にゴールに向かったりしていければいいのではないかと思う」

「(負傷から復帰した本田について)疲れはあるということだが、わたしが見る限りはそれほどでもないと思う。本田には、明日の試合でできることを出してほしい。時にMFとして、時にアタッカーとして、状況に応じて的確な判断を下せる選手だと思っているので、明日の試合でも自分ができることをピッチ上で表現してほしいと思う。時にシステム論で話が盛り上がることがあるが、監督としての大切な仕事というのは、手元にいる選手の能力をどれだけ最大限に引き出すことができるかだと思う」

[写真]=平山孝志

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る