2012.06.08

アジアカップのヨルダン戦で得点した吉田麻也「ゴールはいつも狙っている」

 日本代表は7日、ブラジル・ワールドカップへの出場権を懸けたアジア最終予選のヨルダン戦(8日)に向けて、さいたま市内で調整を行った。

 調整後に日本代表DF吉田麻也は、ヨルダン戦に向けて以下のように語った。

「アジアカップのヨルダン戦ではゴールを決めたけど、ゴールはいつも狙っている。この間のオマーン戦もチャンスはあったから、いける感覚はある。良いボールがくればチャンスはあると思う。日本とヨルダンはお互いに良い形で1戦目を終えられた。そういう意味でも勝ちたい。(アジアカップの)1年半前よりは、 自分自身がレベルアップしていると思うから、見ている方々に成長した姿を見せたい。勝ち点3と良い内容が伴えば。ヨルダンの1トップはゴールに向かってくる選手という印象。ポストプレイヤーではないが、スピードがある。自分で仕掛けてくるし、味方とも絡める選手。前を向かせず、ボールが最初に入った時にカウンターの芽を摘みたい。今ちゃん(今野泰幸)との連係はオマーン戦も良かった。日に日に良くなっているから、後ろの2人がやっていることは地味だけど、仕事をしっかり全うしたい。オマーン戦は相手が一発を狙ってくると予測はしていたけど、思った以上に来なかった。今回もそうなることは想定できるけど、オ マーン戦から対策はしているから問題はない」

「予選もあと7試合あるし、勝ち点3だけじゃなくて得失点差も大事になってくると思うので、そこは意識している。得点も取れるときに取れるにこしたことがない。オマーン戦で良い入り方ができたのは、やっぱりチーム全体で海外組は特に長い準備期間があって、チームとして一緒に行動する時間が長く取れたのが一番大きい。監督の意図も伝わっているし。それがチームに浸透したと思う。ヨルダンに対する苦手意識? 僕は意識していない」

「(アジアカップ当時と守備を比較して)守備はやればやるだけ良くなるので。当時は今ちゃんもそうだし、他の選手も初めて一緒にやる選手も多かった。五輪以来の選手も多かったので、よそよそしくプレーしていましたけど、今はみんながやりたいことも分かっているし、チームとしてやらなければならないことも分 かっているので、問題ない」

「まずはオマーン戦、攻撃で貢献できることが少なかったので、なるべく前に、岡ちゃん(岡崎慎司)や本田(圭佑)さんのところにボールを出せるようにしたいのと、左はチャンスを作れているけど、右も何回も上下運動できる選手が揃っているし、左はボールをこねながらプレーするけど、右はもうちょっとスピー ディにできるので、それを生かして右からはテンポ良く。ウッチー(内田篤人)に高い位置を取らせて、岡ちゃんと本田さんと絡めてやれれば一番いいなと思う。それには良いボールが入らないと始まらないと思うので、自分が起点になるつもりでやりたい。長谷部さんに預けるときもあるけど、なるべく飛ばして本田 さんに入れたい。ひとつずつ経由していくと時間がかかってしまうので」

「左右は良いバランスだと思う。スピードは右のほうが速いし、岡ちゃんは中に入って点も取れるし、あまりこねすぎない分、時間をかけずにゴールに行けるかなと。ウッチーはなるべく高い位置を取らせて、僕の守備範囲を広げて、ウッチーをより攻撃的にいけるようには意識している。僕が高い位置を取って相手の攻 撃の芽を潰せればと思う」

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る