2012.06.08

予選2連勝を狙う遠藤保仁「オマーン戦からさらに進化させたい」

 日本代表は7日、ブラジル・ワールドカップへの出場権を懸けたアジア最終予選のヨルダン戦(8日)に向けて、さいたま市内で調整を行った。

 調整後に日本代表MF遠藤保仁が、ヨルダン戦に向けて以下のように語った。

「オマーン戦からさらに進化させたい。どこからでも、どういう形でも点が取れれば一番いい。ヨルダンとは今までホームでやっていないので、どういう形で向こうが来るか分からないし、あまり相手のことは気にせずに、自分たちのサッカーをしっかりすること。オマーン戦は早い時間に点が取れたので良かったけど、点が取れない状況になった時に自分たちでプレッシャーをかけないように、コントロールしながらやりたい。オマーンは極端に引いたり、前に出てきたりはなかったけど、今回は状況に応じてベストな選択をどんどんしていきながら、ミスを恐れずにやっていければ良いと思う。前との連係で気になっていることはあまりない。コンビネーションも良いと思うし、流れを見ながら、あまり間延びしすぎないことさえ気をつければ、相手のカウンターも極力抑えられるだろうし。距離感は大事にしたい」

「オマーン戦では監督からボールを縦に入れて行けという指示があったけど、急ぎすぎるのも良くないし、変な取られ方をするとカウンターを食らう。1試合で何度かミスもあるので、自滅だけはしないようにしたい。ボールをキープできるときはしっかりキープして、縦に入れるタイミングをしっかり見極めてやっていきたいです。縦に入れることを今回、特に強調しているということはない。実際にやっているのは自分たちだし、もちろん縦に入れたらチャンスになる部分で入れられなかったときもあると思うけど、その辺はボールを持っている選手しかわからないし。無理に入れる必要はないと思うけど、チャンスがあれば、積極的に前へというのは常に意識したい」

「今回もオマーン戦と特に変わらなくやりたいと思う。2戦目も同じように大事なので、アグレッシブに、リスクを冒してやるべきところはやらないといけないと思う。まずは明日の90分で良い結果を出すことに集中しなければいけないと思うし、基本的には全部勝つつもりでいくので、そのためには4日間の成果をヨルダン戦の結果につなげたいと思う」

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る