2012.06.08

内田篤人「本田さんが戻ってきてサイドバックとしては上がりやすくなった」

 日本代表は7日、ブラジル・ワールドカップへの出場権を懸けたアジア最終予選のヨルダン戦(8日)に向けて、さいたま市内で調整を行った。

 調整後に日本代表DF内田篤人は、ヨルダン戦に向けて以下のように語った。

「監督から受けた指示は、新聞に載せるようなことではない。細かいことばっかりじゃなくて、簡単な動きもあった。長友(佑都)さんと話したのはサイドバックで確認したというより、言葉がわからないので、長友さんを呼んで通訳してもらった。初戦みたいな入り方ができれば。初戦は立ち上がりが良かったので、次も続けられれば良いなと思う。良い緊張感と、初戦はスタジアムの雰囲気も良かったので、その辺が噛み合えば良いかなと思う。オマーン戦で良い入り方ができたのは、監督からの指示で前半5分ぐらいは前から行こうと。ロッカーから出る前にそういう話があった。やることが決まった分、チームとして立ち上がりは簡単だった。明日はどういう指示がでるかわからないけど、やることだけはっきりしてれば崩れることはないと思う」

「(岡崎慎司との関係は)岡ちゃんは使うタイプというより使われるタイプなので、僕が上手く使えればいいとは思う。岡ちゃんはフィニッシャーみたいな感じなので、上手くゴール前に行ってもらえて、点を取ってもらえれば。サイドの崩しもやるけど、やっぱり岡ちゃんのゴール前での迫力は違うから。点も取っていますし。その辺は上手く。岡ちゃん自体、MFではないので、できるだけゴール前にとは思っている。けど、ポゼッションに関しては僕自身そんなにできない方だとは思っていないので、ボランチや本田(圭佑)さんを含め、ボールを回せれば崩せるかなと思う。アジアくらいなら、良いところにボールが収まれば前を向けるので」

「本田さんが戻ってきたことで、サイドバックとしては上がりやすい。サイドバックは上がるのに時間も必要だし、大事なのは信頼。この人がボールを持っているときは変な取られ方はしないなとかが大事。あの人は身体が強いし、取られにくいので、僕だけじゃなくてボランチもサイドハーフもひとつ起点にはなるかなと。そこに良いボールを僕とかが、本田さんの足元とか、前田(遼一)さんとか、前の選手に当てられるかが大事だと思う」

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る