2012.06.05

バルサの特徴や対策法を考察するセミナー「バルセロナの攻略法を考える」が開催

 6月3日、東京都内でサッカージャーナリスト養成講座主催による短期セミナー「サッカー観戦力レベルアップ講座」が開催された。参加者が積極的に意見を出し合う参加型セミナーの進行役は、サッカーライターの細江克弥氏。第2回目となる今回のテーマは「バルセロナの攻略法を考える」で、会場には史上最強と称されるクラブの特徴や攻略法に関心を寄せる参加者が詰めかけた。

 初めに細江氏はバルセロナのボールポゼッションを実現するメカニズムについての議論を促し、遠藤保仁選手のコメントを紹介しながら、司令塔であるシャビの動きにフォーカス。さらに、「シャビの特長を引き出す周囲の動きに注目すると面白い。とりわけセルヒオ・ブスケッツやセスク・ファブレガスの動き方は独特」と新たな論点を提示し、攻守にわたる“効率の良い動き”を特徴とするブスケッツ、“逃げる動き”でボールの流れを生むセスクについて独自の見解を示した。

 一方、今シーズンのチャンピオンズリーグで見られた失点シーンからウイークポイントにも言及。準々決勝でバルセロナに挑んだミラン、準決勝でバルセロナを破ったチェルシーの戦い方を分析しながら、“ビッグクラブだからできる攻略法”について参加者との議論を進めた。

 また、細江氏は09-10シーズンのリーガ・エスパニョーラ第7節でバレンシアが見せたサッカーに、“対バルセロナ”の面白さが凝縮されていたと言う。「ひたすら守るだけでなく、バルセロナに『ミスをしたらカウンターでやられる』と思わせ続けた試合だった」と振り返り、各クラブが講じる“対策”のレベルアップとそれを迎え撃つバルセロナが見せる“駆け引き”に、「サッカーを深く理解する要素がたくさんある」と語った。

 セミナーの最後に行われた「バルセロナの未来」についてのディスカッションでは、受講生も積極的に意見を提示。監督交代や新戦力の獲得、新たなスタイル構築の可能性など、様々な意見が飛び出した。

取材協力=米谷真人(サッカージャーナリスト養成講座) 写真=ムツ カワモリ

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る