2012.06.04

酒井と途中交代の内田「互いにライバルはいた方がいい」/オマーン戦

 日本代表は3日、ブラジル・ワールドカップへの出場権を懸けたアジア最終予選の初戦でオマーン代表と対戦し、本田圭佑らの得点で3-0と快勝した。

 先発出場して、後半に酒井宏樹と交代するまでプレーした内田篤人は試合後、以下のように語った。

「ミーティングで向こうの右サイドバックがよくないから、そこをついていこうと話があった。こっちはオマーンが攻めてこないと思っていたら、意外と前からきてくれたから。もっとスペースないかと思っていた」

「左で(香川)真司から岡ちゃん(岡崎慎司)というパターンが多くて、岡ちゃんに点を取らせるパターンがうちには1つあるから。前田(遼一)さんは左斜めに入ってくる感じね。でも、後半は外から見ていてパスを回されていた。3-0で勝ってて、ホームで後半回されるなんて。受けてたし、パスも全体的に短かった」

「(相手が引いてこなかったが?)1点取れればね。1点目ってオフサイドじゃなかった? ゴール裏のスクリーンみて、オフサイドっぽいけどいいのかなと思ったけど」

「今までの予選はじりじり点を取れずにっていうことが何回かあったんで、さくっと取れれば落ち着いてゲーム運びができる感じにはなりますけどね」

「(途中交代は)イエローカードが出たからね。1回注意あるかなと思ったけど、いきなり出ましたね。でも酒井君すごくいいし。刺激があって楽しくなってきたかなと。お互いにライバルいた方がいいし、向こうでスタメンで出なかった時もいろいろその方がいいって思ったんで。のんびりやっちゃうタイプだから、努力しなくなっちゃうから」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る