2012.06.03

ザッケローニ監督「本田は私の指示を忠実に聞いてくれる」/オマーン戦

 日本代表は3日、ブラジル・ワールドカップへの出場権を懸けたアジア最終予選の初戦でオマーン代表と対戦し、本田圭佑らの得点で3−0と快勝した。

 日本代表を率いたアルベルト・ザッケローニ監督は試合後の会見で以下のように語った。

「本田はボールをキープできる選手だ。周りの選手がオフザボールの中でいい形で動き出せば、彼は自然とボールを離す。加えて、今日は本田自身もオフザボールの動きがよかった。相手のボランチにマンマーク気味につかれていたが、それをよく外していた。ゴールシーンについては、試合前から、クロスが上がったときにファーサイドに、あのタイミングで入ってくれという話をしていて、そのとおりに動いてくれた。彼は私の指示を忠実に聞いてくれる印象がある」

「今後、このゲームの勝利をどう活用していくか。なぜ勝てたのか、どのようにして勝ったのかをしっかり分析することが大切。今日はいい試合だった、簡単な試合だったな、というところで止まってしまうようではダメ。これまでも、チームには常に成長するようにリクエストを出してきた。これからもそのリクエストを出し続けていくつもりだ」

[写真]=山口剛生

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る