2012.06.03

ル・グエン監督「確たる差があった。日本の勝利を祝福したい」/オマーン戦

 日本代表は3日、ブラジル・ワールドカップへの出場権を懸けたアジア最終予選の初戦でオマーン代表と対戦し、本田圭佑らの得点で3−0と快勝した。

 オマーン代表を率いたポール・ル・グエン監督は試合後、以下のように語っている。

「今日の結果はとても残念だが、日本が勝つべくして勝った試合だった。日本は素晴らしいチームで、我々のサイドは無力化されていた。非常に高いレベルのチームであり、我々との間に確たる差があったことは認めざるを得ない。我々はチャンスを作れなかったし、ほぼ何もできなかった。ただし、日本のホームで負けたのは決して恥じることではない。日本はプレッシャーのかかった状況下でもいいパフォーマンスを発揮できるチームだった。それに対し、我々はまだ経験が浅い。次のオーストラリア戦に向けて、準備に最善を尽くしたいと思う」

「(日本が強かったという理由以外に敗因はあるか?)繰り返すが、チームとしてのレベルの違いがあった。0-3という結果は残念ではあるが、サプライズではない。日本にはヨーロッパの強豪でプレーしている選手がいるが、オマーンにはいないので、こうした密度の濃い試合に慣れていない。これからそうしたギャップを縮めていくために努力をしていくつもりだ」

「(オーストラリアにも0-3で負けたが?)格上のチームと戦ったという点では同じだ。ただその後、オーストラリアには1-0で勝つことができた。しかし、そういったミラクルは毎回起こるわけではない。私は夢見がちな人間ではないし、サッカーをよく知っているつもりだ。そういった奇跡的なことはそんなに起こらない。ただまだ1試合目であり、このグループでプレーできることは光栄だと思っているので、最後まで戦い続けたい」

「(このグループで日本はベストチームか?)日本は素晴らしい才能を持った選手が揃っている。技術力があり、フィジカルが強く、ペースも速くて、オマーンはついていけなかった。とても質の高いチームだと思う。日本の勝利を祝福したい」

[写真]=山口剛生

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る