2012.06.03

日本代表、W杯へ好発進…本田・前田・岡崎の得点でオマーンに快勝

 日本代表は3日、ブラジル・ワールドカップへの出場権を懸けたアジア最終予選の初戦でオマーン代表と対戦し、本田圭佑らの得点で3−0と快勝した。

 序盤からリズムを作った日本は12分、左サイドを切り崩すと長友佑都のクロスボールに本田が合わせて先制ゴールを奪取。華麗な連係から本田の鮮やかなボレーシュートで日本が先手を奪った。日本は前半のうちに追加点こそ決められなかったものの、終始ボールを保持し、自分たちのリズムで試合を進めた。

 そして迎えた51分、左サイドに位置した香川真司のスルーパスに前田遼一が抜け出し、冷静に決めて2点目を記録。さらに3分後には、再び香川と前田の崩しから岡崎が押し込み、日本は3点のリードを奪った。

 日本はその後もディフェンスの意識を切らすことなく、常に攻めつづけて試合のリズムを握り続けた。結局、3−0で試合は終了し、オマーンに快勝。ワールドカップへの出場権獲得に向けて好発進を切っている。

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
48pt
FC東京
40pt
川崎F
39pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る