FOLLOW US

U-23代表DF鈴木大輔「ここ一番の勝負強さがなかった」/トゥーロン国際

 第40回トゥーロン国際大会のグループリーグ第3戦が27日に行われ、U-23日本代表はU-23エジプト代表と40分ハーフで対戦。宇佐美貴史が2得点したが、2-3で敗れ、1勝2敗のグループリーグ最下位で大会から敗退した。

 フル出場したU-23日本代表DF鈴木大輔は、試合後に以下のように語った。

「3試合を通して、勝ちきれない2試合だった。流れは悪くなかったが、ここ一番の勝負強さがなかった。同じサイドを崩されることが多く、サイドの対応、クロスの対応を見直さないといけない。細かいところを突き詰めてやっていかないといけない」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA