FOLLOW US

フル出場の酒井高徳「追いつくまでは粘り強くできた」/トゥーロン国際

 第40回トゥーロン国際大会のグループリーグ第3戦が27日に行われ、U-23日本代表はU-23エジプト代表と40分ハーフで対戦。2-3で敗れ、1勝2敗のグループリーグ最下位で大会から敗退した。

 フル出場したU-23日本代表DF酒井高徳が試合後、以下のように語った。

「追いついたところまでは非常に粘り強くできたと思いますけど、そこからの1点というのがこれだけ大きな差になるということをチームとして痛感できたと思います」

「今言った最後のところで、どちらが取るかという勝負のところ。非常に本大会で必要になってくると思う。形的にいい形で取れたところもあったし、逆に決めていればというシーンもあったし。そういうところの決定力というところが入っていれば、試合が全然違うというのがわかることなので、そこはしっかり決めていかないといけないところかなと思います」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO