2012.05.26

齋藤学「うまく自分の形で持って行けた」/トゥーロン国際

 第40回トゥーロン国際大会のグループリーグ第2戦が25日に行われ、U-23日本代表はU-23オランダ代表(40分ハーフ)と対戦し、3-2で競り勝った。大会初勝利を挙げた日本は、27日にエジプトとグループリーグ最終戦を戦う。

 以下、試合後の齋藤学、指宿洋史のコメント。

■齋藤学
「(1点目は)うまく自分の形で持って行けてよかった。多く形は作れたけど、もう2、3点取ってチームを楽にできたシーンもあったので。そこは次の試合でできればと思う」

「中1日でチャンスはあると思っていた。早い段階で失点したことはよくなかったが、すぐに点がとれたのはチームとして自信になったし、あれでここからスタートと気持ちを切り替えることができたかなと思う」

■指宿洋史
「点を取ることができたことは素直にうれしいし、チームが勝てたことがうれしい。今日は勝つしかなかったので、そういった意味では満足している」

「前半の早い段階で点を取られてちょっと厳しいかなと思ったが、なんとか取り返すことができて、その後も粘り強く粘り強く戦って、結果勝ちにつながった」

「僕自身はまだ満足できない。外したシュートをたくさんあるし、改善しないといけない部分もある。ただ、今日はとりあえず勝ったということで、少しは落ち着いてゆっくりしたい」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
41pt
町田
40pt
大分
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
鹿児島
30pt
沼津
29pt
Jリーグ順位をもっと見る