2012.05.25

ハーフナー、アジア最終予選での“旋風”を宣言「ゴール前で勝負したい」

 6月のワールドカップ・アジア最終予選3連戦に臨む日本代表メンバーに選出されたハーフナー・マイクが24日、東京渋谷区のサッカーショップKAMO 原宿店で行われたイベントに出席。最終予選に向けての意気込みを語った。

 自身にとって初めての経験となるワールドカップ最終予選に向けて「経験したことのない場所。個人的には新しい経験で、とにかく勝つことが大事。勝たなけ ればワールドカップに出られないし、絶対に勝ちたい。選ばれたからには勝利に貢献したいし、団結してすべてを懸けて挑みたい」と力強く決意を口にした。

 シーズン終盤から着用しているアディダス社製の最新スパイク『プレデター リーサル ゾーン』も、代表戦では6月の最終予選が初披露。「軽くて自分の足に吸い付くようにフィットするし、今まで履いたスパイクの中で一番ですね」と語る新スパ イクには、最終予選を前に漢字4文字で『風車旋風』という刺繍を入れ、「試合ではファーストタッチが重要なポイント。ゴール宣言をすると自分は点を取れな くなるので宣言はしませんが、勝利に貢献できるよう頑張ります」と勝利への意欲を示した。

 オランダ・エールディヴィジのフィテッセでプレーするハーフナーは、オランダの象徴でもある「風車」にちなみ、「オランダで培った経験を生かし、最終予 選でも旋風を巻き起こせればという願いを込めた」とメッセージの意図を説明。「とにかくシンプルにプレーしたい。自分の特長を出せるのはゴール前だし、そ こで勝負したい」と意気込みを示した。

 オランダでのプレーを経て「メンタル的にも強くなったと思うし、少ない時間の中でも結果を残せるという自信がついた」というハーフナー。「(ワールドカップ予選の)重圧は楽しみだし、そういう中でこそ成長できる」と予選への思いを表現した。

 この日のイベントでは、大型タッチパネルで商品の検索や閲覧ができ、そのまま購入もできる日本初上陸の次世代ディスプレー『バーチャルフットウェア ウォール』を体験。最新システムを自らも操作し、「新感覚で、子供も大人も楽しめるシステムだと思う」と感想を語っていた。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
59pt
福岡
55pt
名古屋
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
富山
35pt
沼津
34pt
Jリーグ順位をもっと見る