2012.05.24

代表通算10点目の香川「物足りない試合ではあった」/アゼル戦

 日本代表は23日、「キリンチャンレンジカップ2012」でアゼルバイジャン代表と対戦。香川真司と岡崎慎司の得点で、2-0と快勝した。

 試合後、先制点を挙げて代表通算10得点目をマークした日本代表MF香川真司が、以下のように試合を振り返った。

「(ゴールシーンは)相手が相当食いついてきたので、かわせればフリーになれると思って。コースもあそこに蹴ろうと思っていたので、うまくいってよかったです。まだ練習を2、3日しかやっていないので、これからもっとコンディションを上げていきたいし、物足りない試合ではありますけど、しっかり修正して、次の試合までにやれることをやっていきたい」

「今日はまだまだお互いのイメージや距離感に開きがあるのを感じましたし、もう1つ前でボールを回せれば良かったですね。バイタルエリアでボールを回せないと、次の試合は苦しくなると思う」

「ヤット(遠藤保仁)さんがいない影響? もちろん、パスの出し手ですから、効果的なパスは少なかったかなとは思いますけど、それは仕方がないことだし、他の選手には違う良さもありますから。こういう相手に対してもっと崩す場面を増やさないと、次は苦しい試合になる。前半は左サイドでの連係が良かった?(本田)圭佑くんが絡んできた時はいいんですけど、2人の関係だけでは崩せないので、1トップやファーの選手、ボランチが絡んだりすれば、さらに良い攻撃ができると思います」

「自分は動きながらプレーするタイプなんですけど、今日は監督からサイドに張ってプレーしろと言われていました。確かに得点シーンはそこから生まれた得点ではあるので、自分の良さとうまく使い分けながらやりたいですね。サイドに張り付くプレーは、試合の流れを見ながら時間帯によって効果的に使い分けて、スペースがあれば張ってもいい。ただ、実際にはスペースを消されると思うから、そうなった時の使い分けを自分の中で判断する必要があるかなとは思います」

[写真]=山口剛生

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る