2012.05.23

アゼルバイジャンのフォクツ監督「香川の得点は世界トップクラスのプレー」

 日本代表は23日、「キリンチャンレンジカップ2012」でアゼルバイジャン代表と対戦。香川真司と岡崎慎司の得点で、2-0と快勝した。

 試合後、アゼルバイジャン代表のベルティ・フォクツ監督は以下のように語った。

「日本代表勝利おめでとう。日本が勝つべくして勝った試合だった。前半は日本のスピードについていけなかったが、後半はペースをキープできるようになった。後半は我々もスピードが早くなければサッカーができると思ったが、日本の前半のスピードを我々も学ばなければならない。ただ、我々の国のクラブコーチに言いたい。シーズンが終わって14日間何もせず、選手を渡してきたことには失望した。日本にとっては最終予選前の良いパートナーになったのでは。ブラジルワールドカップ出場を決めてほしい」

「今回のチームは新たに作ったといっていい。なので、今回は若い選手に大きなチャンスを与えて準備をすることにした。若い選手にとっては多くの学ぶことがあったと思う。私は70年代から日本サッカーがどれだけ成長しているか知っているから、選手にもそのことを伝えたいと思う」

「日本にスピードがあるといったのは走るといった速さのスピードだけではなくてコンビネーションもスピードもだ。日本はアジアで最も早いコンビネーションをするチーム。オーストラリアもその次元には達していないし、彼らの強さはまた違うところにある」

「まず最初はクラマーが来て素晴らしい仕事をした。そして多くの若い選手、コーチが学んだ。次に海外有名選手がJリーグに来て日本の選手を育ててきた。そして何より大事なのは選手が日本を離れたこと。多くの選手がヨーロッパに渡っており、アゼルバイジャンと比べたら一目瞭然。ヨーロッパはサッカー界の心臓。そこで経験を積むことが日本チームの力になっている」

「私は今日、日本の選手に関して判断できる立場にない。選手に指示を出すのが大変でそこまでよく見ていない。ただ、香川は素晴らしい。得点の場面は世界トップクラスのプレーだった。ドイツに渡ってわずか2年であそこまで上り詰めたのはすごいこと。日本はもっと香川のことを誇りに思っていい」

[写真]=兼子慎一郎

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
48pt
FC東京
40pt
川崎F
39pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る