2012.05.08

ロンドン五輪メンバー入りへ齋藤が決意「香川に負けないようにアピールを」

 アディダスジャパンは7日、最新スパイク「プレデター リーサル ゾーン」製品発表会を開催。2部構成での発表会では、1部でセルジオ越後氏を始め、名波浩氏や宮本恒靖氏ら日本フットボール界を牽引してきたレジェントたちによるフットボール大討論会が行われ、2部では、槙野智章(浦和)や藤本淳吾(名古屋)、扇原貴宏(C大阪)らが同スパイクを着用し、アトラクションに挑戦した。

 イベントには、現在負傷で戦列を離れている横浜FMのU-23日本代表FW齋藤学も来場。新スパイクについて、「新しいスパイクは履き心地も良いし、早くピッチで履きたい気持ちが強い。僕はドリブルを武器にしているので『ドリブルゾーン』を駆使していきたい。青色にオレンジ色の配色も目立ちますね」と話した。

 同世代の日本代表MF香川真司(ドルトムント)が海外で活躍していることについては、「日本でやっていた時とほとんど変わっていない印象。昔からすごいと思っていたし、自分も追いつけるように頑張りたい」とコメント。「まずはオリンピックのメンバーに選出されるように、自分のドリブルで切り裂いて得点を奪ってアピールしていきたいです」とロンドン・オリンピックメンバー入りに意欲を見せている。

 自身の海外挑戦については、「海外でプレーしたい気持ちもあるが、まずはJリーグで結果を出さなければいけない。J2でようやく結果を出せて、今はJ1で結果を出さなければいけない時だと思っています」と話し、まずはJの舞台での活躍を誓った齋藤。昨季、レンタル先の愛媛で14得点をマークしたアタッカーは、「J2ではシーズン通して結果を出すということを学んだ。今季はACL出場圏内を目指しているので尽力していきたい」と意気込みを語っている。

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

名古屋
3pt
湘南
3pt
横浜FM
3pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る