2012.05.08

日本代表DF槙野がW杯最終予選へ意気込み「海外組に負けないように準備を」

 アディダスジャパンは7日、最新スパイク「プレデター リーサル ゾーン」の製品発表会を開催。同スパイクの発売に先駆け、槙野智章(浦和)、藤本淳吾(名古屋)、梶山陽平(FC東京)、扇原貴宏(C大阪)、鈴木大輔(新潟)、小島秀仁(浦和)が同商品を着用し、5つのアトラクションに挑戦した。

「ドリブルゾーン」、「ドライブゾーン」、「パスゾーン」、「ファーストタッチゾーン」、「スイートスポットゾーン」の「必殺5ゾーン」を搭載した新スパイクを着用した選手たちは、見事なボールスキルを披露。「ドリブルゾーン」では、槙野や梶山がジグザグドリブルのタイムで争うなど、ピッチ上では見られない勝負を見せ、「スイートスポットゾーン」では、槙野や藤本、扇原が見事なキックで会場を沸かせた。

 イベント後、槙野は「『必殺5ゾーン』を活用して自分自身も成長していきたい。ワールドカップ最終予選で基本となるのは国内組。コンディションを維持し、海外組には負けないように備えたい」とコメント。ロンドン・オリンピックでの活躍が期待される扇原は、「新スパイクは履き心地が良い。オリンピック前の重要な時期なので、良い準備をしていきたい」と意気込みを話した。

「プレーヤーのボールスキルを最大限に引き出す」という新たなコンセプトに基づき開発された最新スパイク「プレデター リーサル ゾーン」は、6月1日より発売となる。

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る