FOLLOW US

なでしこ丸山桂里奈「リハビリを機に改めてサッカーが好きだと思った」

 今季からなでしこリーグに参戦する大阪高槻FWの丸山桂里奈が7日、高槻警察署の1日所長を務めた。

 丸山は昨年のロンドン・オリンピック最終予選で右足前十字じん帯を損傷。今季から大阪高槻に移籍して6日の全体練習に合流し、15日のリーグ開幕戦に向けて調整を進めている。丸山は取材に対し、リーグ開幕へ向けた意気込みを語った。

「INACはいい選手がいて強い。高槻はこれからのチームだけど、結束力がある。INACを脅かすサッカーをしたい」

「開幕戦は、気持ち的にはいけそうだけど、メンバーは監督が決めること。監督、コーチ、トレーナーと相談して決める。みんな自分のことを考えてくれるから安心して相談できる」

「(チームの雰囲気は)関西特有の感じ。みんなフレンドリーで楽しい。チームはいい状態だし、自分もすんなり入れている。チームメートからは、『楽しそうだね』って言われる」

「リハビリでボールを蹴っていなかった。サッカーできるのが当たり前だったのが、今回のリハビリを機に改めて、サッカーが好きだと思った」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA