FOLLOW US

なでしこ、ロンドン金メダルのキーマンは澤と永里「伸び盛りの周囲を生かす存在」

 サッカーキングが主催する「なでしこトークライブ」が、6日に東京都内で開催され、長らくなでしこの取材に携わっているノンフィクション作家の江橋よしのり氏が、ロンドン・オリンピックで金メダル獲得を目指すなでしこジャパンについて語った。

 タレントでスポーツライターの松原渓さんとともになでしこジャパンについて語った江橋氏は、「佐々木(則夫)監督は、“チェンジ”ではなく、“アップグレード”を目指している」とし、なでしこジャパンが今までのやり方を代えるのではなく、しっかりした守備から連動した攻撃を仕掛けるなでしこのスタイルをさらに成熟させていると分析。

 その中で、攻撃陣のキーマンとしてドイツ・ポツダムでプレーする永里優季の名前を挙げ、世界最高のストライカーであるアメリカ代表FWアビー・ワンバックを引き合いに出し、「“ナガバック”が中心となるのは間違いない」を話した。

 しかし、やはり気になるのは、体調不良で戦列を離れている澤穂希の状態。江橋氏は重要な選手であることに変わりはないないとし、「最近伸びている選手たちの力を、澤選手がさらに引き出してくれるはず」と復帰を熱望している。

 また、なでしこを支える存在に「練習相手である男子高校生たち」を挙げ、「彼らがなでしこをなめずに全力で頑張ってくれているからこそ、ワールドカップでも優勝できたし、今のなでしこがある」とコメント。独自の見解を示している。

[写真]=ムツ カワモリ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO