FOLLOW US

なでしこ佐々木監督「今回一番伸びた選手は菅澤」/キリン杯

 キリンチャレンジカップが5日に行われ、なでしこジャパンはブラジル女子代表と対戦。4-1で勝利を収め、1勝1分けで並んだアメリカ女子代表を総得点で上回り、大会制覇を達成した。

 なでしこジャパンの佐々木則夫監督は試合後、以下のように語った。

「(攻撃については)周りのところの局面を打開できたということは、大きな要素だと思います。中への入り方は個々で工夫してくれているという現実はありますけど、チャンスで、中への入り方だったり、タイミングを活かせば、もっとシュートまで至ったんじゃないかなと。そこまでの崩す形が今までよりも多くなったこと。それとペナルティエリアの中に入る人数が増えてきたこと。速い展開でも2列目3列目の押し上げが早くなったことはすごく評価ができるところです。それは今回のキャンプの中で特にみんなに言い聞かせて、みんな行動してくれた。ボールを失っても、すぐに二次攻撃をする速さというのはブラジルとかアメリカとか、他のチームよりも我々は速い。そこは非常に違うところですね」

「ちょっとしたプレッシャーの中で、もっとオドオドしていたような状況。そういったシーンも今日は多少あったんですけど。それが、全体的に時間が経っても長引いてしまうようなことがなくなってきた。相手のハイプレッシャーの時間帯がちょっと空いたときに、一人ひとりが駆け引きして、相手を外すようなプレーができてきた」

「そういうようなところも踏まえて、経験、そして結果が出たということの積み重ねが自信につながって一人ひとりのプレー、そしてなでしこジャパンで集まったときトレーニングをする中で、一人ひとりが多少たくましくなっていったんじゃないかなと。それが今回で言えば菅澤(優衣香)という選手が、今回のキャンプでトレーニングしていく中で自信を付けつつ、一番伸びた選手かなというのはあります」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO