2012.03.15

「21世紀のアジアクラブ・ランク」でG大阪が4位、鹿島が5位

 IFFHS(国際サッカー歴史統計連盟)は15日、「21世紀のアジアクラブ・ランキング」を発表した。Jリーグからは、G大阪が4位、鹿島が5位にランクインしている。

 発表されたランキングでは、1位にサウジアラビアのアル・ヒラルが入り、2位には同じくサウジアラビアのアル・イテハドとウズベキスタンのパフタコールが位置した。

 また、G大阪と鹿島以外のJリーグのチームでは、18位に浦和、21位に清水。25位には磐田、27位に名古屋が入り、トップ30には6チームがランクインした。

 なお、ランキング十傑のクラブは以下の通り。

1位 アル・アハリ(921,0ポイント)
2位 アル・イテハド(869,5ポイント)
2位 パフタコール(869,5ポイント)
4位 G大阪(847,0ポイント)
5位 鹿島(845,5ポイント)
6位 水原三星(843,0ポイント)
7位 城南一和(808,5ポイント)
8位 セパハン(794,0ポイント)
9位 アル・サッド(750,0ポイント)
10位 全北現代(746,5ポイント)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る