2012.03.15

日本代表、ロンドン五輪で着用する “真紅の戦闘服”を発表

 日本サッカー協会(JFA)は15日、U-23日本代表となでしこジャパンがロンドン・オリンピックで着用する新ユニフォームを発表した。

 新たに発表されたアウェーユニフォームには、性別や世代を超えたさらなる「結束」を導くため、日本国旗にインスパイアされたジャパンレッドを採用。真紅の色合いで、燃えたぎる情熱と日本人の誇りを表現した。また、ジャージーの前部には、翼を大きく広げて飛びたたんとする「三本足の烏(カラス)」を日本ならではの荒々しい毛筆のタッチで表現。世界へ飛翔する日本代表を映している。

 さらに、選手とサポーターが互いに気持ちを確かめ合い、絆をさらに強めることを目的とした工夫も施された。選手が着用するオーセンティックジャージーのネック裏には「all win for japan」、サポーターが着用するレプリカジャージーの「三本足の烏」のグラフィック中央には「all support for japan」という文字をそれぞれ刻印。「日本の勝利のためにすべてをかけろ。」という結束のメッセージを表現した。

 ホームユニフォームには、従来のユニフォームを基に、大会規程に準じ、JFAエンブレムとスリーストライプを排したデザインとなっている。代わりにつけられる左胸の日本国旗には、歴代日本代表ユニフォームの生地を基に新たに紡いだ糸を使用。日本代表のDNAを注入し、誇りと歴史をつなぐユニフォームとなっている。

 日本代表、なでしこジャパンのホームユニフォームと男子・女子共通デザインの新アウェーユニフォームは18日から発売される予定。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る