2012.03.14

関塚監督「選手たちと達成感に浸りたい」/ロンドン五輪予選

 U-23日本代表は14日、ロンドン・オリンピックへの出場権を懸けたアジア最終予選の最終戦でU-23バーレーン代表と対戦し、2-0で勝利を収めた。

 関塚隆監督は試合後の記者会見で以下のように語った。

「国立での最終節で、オリンピック出場を決められてよかった、その一言に尽きる。我々の連続出場が懸かった予選で、これを突破しなければ世界と渡り歩くことができない。アジアの予選を勝ち抜くのは厳しかったが、今は選手たちとこの達成感に浸りたい、そんな気持ちでいっぱい。これからここをスタートにして、 今度はロンドンへ向けての戦いが始まるが、今日は達成感に浸りたい」

「(前半は)中盤で少しミスが出ていた。アタッキングサードで攻め急ぎ、サイドに行ったらそのままといった攻撃だった。気負いというのがあったのかなと。ボールを奪われたらカウンターを仕掛けてくるし、よい攻撃を仕掛ければカウンターを食らわないので、ハーフタイムにそこをもう少し意識しようと話した。正直、前半はこのリズムでは危ない、失点するのではと思っていた」

「最年長である権田たちはユースで世界に出れない悔しさを味わっている。オリンピックに出たいという気持ちを持って、チームとしての一体感を出し、目標に対し純粋に競争しながらここまでよくやってくれた。いろんなことがあったが、五輪出場を達成するという気持ちが強かった。選手たちを見れば、我々も(ロンドンへ)行くぞという気持ちが表れていて、僕も嬉しかった。(今一番したいことは?)水浴びてしまったので、早く湯船につかりたい(笑)」

「ロンドンの切符を手にするために、今までやってきたことをすべて出し、その姿をみんなに見せて結果を残そうと。よく走ってくれたし、一つひとつ連係を積み上げていこうという姿勢が見えた。まだまだ技術的に足りないところはあるが、今日はすべてを出してくれた」

[写真]=兼子慎一郎

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る