2012.03.14

五輪出場権を決めた関塚監督「最低限で通過点」/ロンドン五輪予選

 U-23日本代表は14日、ロンドン・オリンピックへの出場権を懸けたアジア最終予選でU-23バーレーン代表とホームで対戦。日本は後半に扇原貴宏が先制し、清武弘嗣が追加点を奪取。2-0で快勝し、5大会連続9度目のオリンピック出場を決めた。

 試合後のインタビューで、関塚隆監督は以下のように語った。

「本当に力のある選手、チームを預かって。ここが最低限というか、通過点なので。ただ、アジアの予選を通過するのは本当に厳しいものがあったので、今は一安心です」

「バーレーンも今年に入ってから、守備の安定感から2勝しているので、侮れないチームだったんですけど。選手達はよくやり切るというか、粘り強く攻撃を続けてくれたなと。その結果が、先制点を奪って2-0の形になったかなと思っています」

「プレーヤーが代わっても、しっかりとした守備、そして攻撃と。そのベースができているんではないかと思います」

「なでしこが早く決めていたので、我々もそれに続きたいと。これでスタートラインだと思いますので、今度は世界を相手にしっかりとこのメンバーで頑張りたいと思います」

[写真]=兼子慎一郎

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
41pt
町田
40pt
大分
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
鹿児島
30pt
沼津
29pt
Jリーグ順位をもっと見る