2012.03.14

U-23日本、清武らの得点でバーレーンを下しロンドン五輪出場権獲得

 U-23日本代表は14日、ロンドン・オリンピックへの出場権を懸けたアジア最終予選の最終戦でU-23バーレーン代表と対戦し、2-0で勝利を収めた。
 
 関塚隆監督は清武弘嗣や原口元気らA代表経験組や海外でプレーする大津祐樹をスタメンに起用。出場権獲得のための一戦に臨んだ。
 
 試合は序盤から日本がボールを保持するものの、なかなか得点ができない時間帯が続く。しかし、0-0で前半を終えて迎えた55分、原口のグラウンダーのクロスボールに扇原貴宏が反応。強烈なシュートを放ち、待望の先制点を決めた。
 
 さらに得点がほしい日本代表は、4分後の59分、原口の縦パスを受けた東慶悟がゴール前へグラウンダーのクロスを送ると、清武が決めて追加点を奪取した。
 
 日本は3点目こそ決められなかったものの、終始試合のペースを握り、オリンピック出場権の懸かった重要な一戦で白星を勝ち取った。
 
 結局、2-0でバーレーンを下した日本は、最終予選最終戦を終えてグループ首位となり、ロンドンへの切符を手にしている。

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る