2012.03.09

日本、W杯アジア最終予選でオーストラリアと同じグループBに

 ブラジル・ワールドカップへの出場権を懸けるアジア最終予選の組み合わせ抽選会が9日、マレーシアのクアラルンプールで行われ、日本はオーストラリアらと同じグループBに入った。

 最終予選には10カ国が進出し、2つのグループに分かれて出場権を争う。各グループの上位2位がブラジルへの切符を手にし、3位はアジアプレーオフに回り、勝者が大陸間プレーオフへ進出する。

 アジア3次予選のグループをウズベキスタンに次ぐ2位で突破した日本はグループBに。同グループには、最新のFIFAランキングでアジア最上位となったオーストラリアをはじめ、イラク、ヨルダン、オマーンが入った。

 一方のグループAは、韓国をはじめとして、イラン、ウズベキスタン、レバノン、カタールが名を連ねた。

 アジア最終予選は2012年6月3日にスタートし、2013年6月18日が最終戦。約1年にわたり、ワールドカップへの切符を争うことになる。

■グループA
韓国
イラン
ウズベキスタン
レバノン
カタール

■グループB
オーストラリア
イラク
ヨルダン
オマーン
日本

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
13pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
9pt
藤枝
9pt
C大23
7pt
Jリーグ順位をもっと見る