2012.03.08

日本勢勝利はFC東京のみ…4シーズンぶりのACL制覇へ厳しい船出

 6日から7日にかけてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグ第1節が開催されたが、2008年度大会のG大阪以来、4シーズンぶりの大会制覇を目指す日本勢は厳しいスタートとなった。

 2011シーズンのJリーグ王者であるグループHの柏は、アウェーでブリーラム・ユナイテッドに2-3で敗戦。気温36度という高温多湿な環境に苦しめられ、2点のリードを奪われる展開となり、2-2の同点に追いついた後の77分に決勝点を奪われてしまった。ACLでJリーグ勢が東南アジアのクラブに破れるのは史上初となる。

 G大阪と名古屋はホームで韓国勢に苦戦を強いられた。浦項と対戦したグループEのG大阪は、ミスから失点を重ね、0-3で完敗。グループGの名古屋は城南一和を試合終了直前まで2-1でリードしていたものの、後半ロスタイムにゴールを奪われてしまい、勝ち点2を失ってしまった。

 日本勢で唯一勝利を手にしたのはFC東京。ACLデビュー戦となったブリスベン・ロアー(オーストラリア)との一戦は、終始主導権を握り2-0で快勝を収めている。

 アウェーで貴重な勝ち点3を収めたFC東京以外は、寂しい結果となってしまった第1節。今シーズンもACLでは厳しい戦いを強いられそうだ。

[写真]=新井賢一

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る