2012.03.03

手応え感じるFC東京・ポポヴィッチ監督「目指すサッカー示せた」/ゼロックス杯

『FUJI XEROX SUPER CUP 2012』が3日に行われ、2011シーズンのJ1王者・柏と2011シーズン天皇杯、J2王者のFC東京が対戦し、2-1で柏が勝利。同大会初制覇を飾った。

 以下、FC東京のランコ・ポポヴィッチ監督のコメント。

「楽しんでいただけた試合ではないかと思う。こういう結果なので、私自身は心から楽しめないが、合宿が終わり、初めての公式戦ということを考えれば、必ずしも内容は悪くなかったし、試合を通じて主導権を握れた。残念ながらフィニッシュの精度を欠き、結果につながらなかったが、我々が目指すもの、目指すサッカーを示せたと思う」

「サッカーには勝ち負けがある。今日は最後のところで我々に運が足りなかったと思う」

「サッカーの世界ではよくあることだが、柏は最初のシュートで1点目を、3本目のシュートで2点目を奪った。レイソルは今の形で長く継続してやっているし、それが経験の差というか、我々との違いだと感じた。今日は素直に、レイソルにおめでとうと伝えたい」

「課題は自分たちのミスからピンチを招いたこと。森重、徳永、2人のミスから決定的な場面を作られた。そこは改善したいが、シーズンは長いので、これから継続して改善していきたい」

「今日は良いサッカーを見せて、みなさんが満足できる内容のサッカーを見せられたのではないかと感じている。もちろん、結果に満足はできない。ここから続いていくので、課題を修正して次につなげていきたいと思う。今日に関しては、最後の部分で運も足りなかった」

「90分間相手のペナルティーエリアでプレーできるチームは存在しないし、相手はJ1チャンピオン。彼らの最大のチャンスはカウンターから、我々は主導権を握りチャンスを作った。相手にボールを持たせる時間を作られないようにやっていきたい」

「1失点目は相手をほめるしかない。2失点目は北嶋がうまく転んだ。我々はそれで高い代償を払うことになった」

「チーム作りで気を使うのは、選手個々のパフォーマンスをしっかり観察し、見極めること。先発11人だけが良いプレーをするのではなく、代わりの選手がしっかり準備することを大切にしている。今日ベンチ入りした18人だけでなく、ベンチに入らなかったメンバーも大切であるということを言っておきたい。私の大きな仕事のひとつは、全メンバーをしっかり見極めることだ」

[写真]=佐藤博之

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る