2012.03.03

両指揮官がユース年代の選手へ課題「判断を伴った技術、人間力が必要」

『FUJI XEROX SUPER CUP 2012』に先駆けて「NEXT GENERATION MATCH U-18 Jリーグ選抜 vs 日本高校サッカー選抜」(35分ハーフ)が3日に行われ、Uー18 Jリーグ選抜が3-0で日本高校サッカー選抜を下した。

 以下、試合後の両指揮官のコメント。

■U-18 Jリーグ選抜・高田哲也監督
「U-17の選手が大半。攻撃的な選手がほとんどですし、相手のカウンターだけを気をつけてどんどんゴールに積極的に向かっていこうと話しました。前半はゴール前で時間が掛かったが、後半もっと積極的に前掛かりにいって、良い形で得点が取れた」

「(この年代の選手が上で活躍するためには)判断を伴った技術が必要になってくると思います」

■日本高校サッカー選抜・山下正人監督
「選手の選考が終わっていないこともあり、前後半でメンバーを代えた。ヨーロッパ遠征に向けて課題が見えた、やるべきことが見えたと感じています。言い訳ではないですが、みんな3年生。練習量も不足しているし、受験もある。本来なら潜在能力はもっとある。ヨーロッパ遠征に期待してほしいと思います」

「(この年代の選手が上で活躍するためには)私は教員ですし、人間力が必要だと思います」

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る