2012.03.01

長友佑都「勝負の世界ではこういうこともある」/ウズベキスタン戦

 日本代表は29日、ブラジル・ワールドカップへの出場権を懸けたアジア3次予選でウズベキスタンと対戦し、0-1で敗戦を喫した。

 長友佑都は試合後、以下のように語った。

「最終予選に向けて、きつい日程だったり、コンディションの面で、そういう中で試合をしなければならない状況は出てくる。そういった中で、どれだけチームの連動や連係ができるかが大事になってくる」

「勝負の世界ではこういうこともあるし、ネガティブに考える必要はない。この敗戦から何を学んで、どのように成長していくかが大事になってくる。僕自身はまったくネガティブにとらえていないし、これをまた成長につなげたいなと」

「僕も久しぶりの試合だった。僕らはアジアの中で攻撃的にいかなければならないし、そうしなければ何も得られないと思う。守ってばかりの、そういうサッカーでは世界では戦っていけないと思っている。もちろん、みんなでカバーし合ってスペースを埋めていくことは大切だけど、互いをケアしながら攻撃的な姿勢で戦っていければと思う」

[写真]=山口剛生

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
22pt
ベガルタ仙台
15pt
C大阪
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
岡山
20pt
大分
18pt
山口
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る