2012.02.29

問題点を語る香川真司「連動性がなく、距離感がつかめなかった」/ウズベキスタン戦

 日本代表は29日、2014年ワールドカップアジア3次予選第6戦でウズベキスタン代表と対戦し、0-1で敗れた。

 以下、香川真司のコメント。

「攻撃の形がなかなかうまくいかなかった。個人的にもチームとしてもよくなかった。相手ボランチのところのスペースがあいていたので、そこをもっとうまく使えればよかった。それは自分が得意とするプレーで、後半は特にそのへんで受けようとしていたが、なかなかうまくいかなかった。個人としてもチームとしても、もっとボールを触る回数を増やさないといけない。連動性がなく、距離感がなかなかつかめなかった」

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る