2012.02.29

ザック監督「残念だが負けた時には相手をたたえるべき」/ウズベク戦

 日本代表は29日、ブラジル・ワールドカップへの出場権を懸けたアジア3次予選でウズベキスタンと対戦し、0-1で敗戦を喫した。

 日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は、敗戦に値する内容ではなかったとの見解を示しながらも、ウズベキスタンのパフォーマンスをたたえている。

「我々はもう少しできたと思う。残念だと思うが、負けた時には相手をたたえることも忘れてはいけない。ウズベキスタンに主力がいないことも分かっていたが、非常に良い選手がいると印象を受けた」

「我々は前半、彼らよりも良かったと思うが、後半はやられた感がある。今日の様々なデータを見てみると、フィジカルコンディションが影響したのかなと思う」

「前半はそれでも良かったが、ルーズボールの場面でウズベキスタンが勝っていた。特に、前半の良かったところでパスのミスが多かった気がします」

「後半になってスペースができて、カウンターが仕掛けられる場面になった時には、相手のほうが良かったように思います。90分を通して見て、日本の負けというのは正直な結果ではないと思うが、相手が良かったと思う」

「これから3カ月間、集まることができないので、残念に思います」

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る