2012.02.29

日本代表、ホームでウズベキスタンに敗れる…3次予選は2位通過

 日本代表は29日、2014年ワールドカップアジア3次予選第6戦でウズベキスタン代表と対戦し、0-1で敗れた。

 長友佑都、香川真司ら海外組の多くが先発出場した日本は、前半からボールを保持し、ウズベキスタンを寄せつけない。22分には香川のパスを岡崎慎司が受け、シュートを放つもボールは惜しくもクロスバーに直撃。得点には至らなかった。

 前半を0-0で終えた日本は、ウズベキスタンのカウンターを受ける。54分、ウズベキスタンが右サイドから展開。鋭いクロスをバホディル・ナシモフが頭で合わせ、一度は川島永嗣が弾くも、こぼれ球をアレクサンドル・シャドリンに押し込まれてしまった。

 先制を許した日本は、藤本淳吾に代えて乾貴士、ハーフナー・マイクに代えて李忠成を投入して同点ゴールを目指す。ピッチに立った乾はパスやドリブルで攻撃を組み立て、好機を創出するも、ウズベキスタンの粘り強い守備にゴールが奪えなかった。

 結局、最後までウズベキスタンゴールを揺らせなかった日本は、3次予選2位通過が決定。最終予選進出は決まったが、首位通過とはならなかった。なお、最終予選の組み合わせ抽選は3月9日に行われる。

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
19pt
川崎F
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る