2012.02.24

アイスランド監督「日本はW杯予選を必ず突破できる」/アイスランド戦

 日本代表は24日、「キリンチャンレンジカップ2012」でアイスランド代表と対戦し、3-1で勝利を収めた。

 アイスランドのラーシュ・ラーゲルベック監督は試合後、次のようにコメントしている。

「日本がとても良い試合をした。日本を祝福したい結果は負けてしまったが、我々にとって良いテストの場となった」

「20分までのパフォーマンスにはがっかりしたところもある。最初の失点はともかく、2失点目はこちらのミスから生まれた。3つ目の失点もサッカーにありがちな形で点を取られてしまった。日本相手にテストの場を持てたことは貴重だったし、多くのことを学べたと思う」

「とても重要な試合だった。経験の少ない若手の選手もたくさんいたので、彼らにとって貴重な試合になったと思う。たくさんの観客がいる中、日本のようなテクニカルなチームと戦うことで、今後に向けてたくさんのことを学ぶことができたと思う」

「(日本の良さは)試合で日本の印象を再確認できた。対戦するたびに、日本は個人技が高く、パスがうまく、スピーディーなサッカーをすると感心していた。90年代の日本代表と今の代表を比較すると、守りが良くなっているし、90分間走り続けることができる。個人の技術が上がり、素早いパスを回すことができる。ワールドカップの予選は必ず突破できると思う」

「(ハンドスプリングスローで会場が盛り上がったことは)ある意味、武器になる。それで観客が喜んでくれるのはいいこと。一番良い場所にボールが入ってほしい。観客の皆さんに気に入っていただけるなら、それでいいと思う」

「(日本で印象に残った選手は?)新しいチームを率いていたので、自分のチームに集中していた。日本はポジションに関わらずとても高いスキルを持ち、スピードがあり、ボール扱いに長けていた。攻守において、一対一でとても良いパフォーマンスをしていたと思う。個人個人が優れていると思ったが、誰か特定の名前を挙げるのは難しい。全体として優れていたと感じている」

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る