2012.02.22

日本、原口らの得点でマレーシアに大勝…ロンドン五輪出場権獲得に前進

 U-23日本代表は22日、ロンドン・オリンピックのアジア最終予選第5戦でマレーシアと対戦し、4-0で大勝を収めた。

 日本は2月5日に行われた同予選第4戦で、グループC最大のライバルであるシリア戦に1-2と敗戦。勝ち点9でシリアに並ばれてしまい、総得点の差でグループ2位に転落していた。

 首位に返り咲くために大量得点がほしい日本は序盤、マレーシアの献身的な守備やピッチ状態に苦しめられる。しかし35分、東慶悟のスルーパスに原口元気が抜け出し、粘ったボールを酒井宏樹が蹴り込んで1点を先制する。さらに44分、セットプレーから大迫勇也が頭で叩き込み、前半を2点のリードで折り返す。

 勢いに乗る日本は55分、酒井のクロスボールに原口が合わせて3点目を記録すると、60分にはミドルシュートのこぼれ球に斎藤学が詰めて4点目を奪った。

 結局、日本はマレーシアに得点を与えずに4-0と大勝。勝ち点を12に伸ばし、ロンドン・オリンピックへの出場権獲得に一歩前進した。シリアは今節、バーレーンと対戦するが、結果次第では最終節を前に日本がグループ首位に浮上する可能性がある。

 なお、日本は3月14日、グループC最終節でバーレーンとホームで対戦する。

■U-23日本代表メンバー
GK:権田修一
DF:酒井宏樹、比嘉祐介、濱田水輝、鈴木大輔
MF:扇原貴宏(→70分 山村和也)、東慶悟、原口元気(→83分 杉本健勇)、齋藤学、山口螢 
FW:大迫勇也(→59分 永井謙佑)

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る