2012.02.17

Jリーグが21世紀のアジア最強リーグに…FIFA公認団体が認定

 FIFAの公認組織であるIFFHS(国際サッカー歴史統計連盟)は、「21世紀のアジアリーグランキング」を発表し、Jリーグがトップのポイントを獲得した。

 同ランキングは、各国リーグの上位クラブが国際大会等で獲得したポイントを集計したもの。対象となった期間は2001年から2011年で、Jリーグが最高のポイントを獲得。“21世紀最強のリーグ”に選出された形だ。なお、2位には韓国(Kリーグ)が、3位にはサウジアラビア(サウジ・プレミアリーグ)がランクインした。

 IFFHSは、「過去11年、日本のJリーグは明確に韓国のKリーグに差をつけ、21世紀のアジアのリーディングリーグになっている」との見解を示している。

 なお、ランキング上位となったリーグの国は以下の通り。

1位 日本(4232.5ポイント)
2位 韓国(3965.5ポイント)
3位 サウジアラビア(3521ポイント)
4位 イラン(3398ポイント)
5位 中国(3180ポイント)
6位 ウズベキスタン(3063.5ポイント)
7位 アラブ首長国連邦(2784ポイント)
8位 カタール(2753ポイント)
9位 クウェート(2672.5ポイント)
10位 インド(2437ポイント)

[写真]=野口岳彦

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る